CONSULTING RESULTS

在宅医療コンサルの実績

 

組織運営支援や医療広報支援、およびプロジェクトについて、過去の実績をご紹介いたします。この実績以外にも、さまざまな在宅医療の運営に携わるサービスを提供しておりますので、お気軽にご依頼ください。






地域包括ケアシステム
戦略コンサルティング
目的:地域に開けた医療機関になりたいという意向を伝えたい。
効果:地域の基幹病院への営業を行い、地域連携室への強固なパイプを確立。





事務長養成
プログラム
目的:事務長候補の方が入職したばかりなので教えてほしい。
効果:事務長候補となったスタッフへの事務長としての業務の説明、レクチャーを実施。のちに事務長候補として右腕になっている。







業務の可視化
プロジェクト
目的:業務内容がブラックボックス化されており、共有されていない。
効果:各部署のスタッフ全員にヒアリングし、複雑にかみ合った部署をまたぐ業務の可視化を実現。業務量も可視化することで、一部への負担が大きくなった実態を把握でき、適材適所の配置検討につながった。







経営理念作成
プロジェクト
目的:リーダーが退職し、士気が低い組織において、方向性を一つにしたい。
効果:ワーキンググループを開催。スタッフ一人一人の言葉を大切に、組織づくりを始めるキックオフを実現できた。経営理念作成後、スタッフ全員で歓迎パーティを実施。社長参加に大きなイベントとなった。

支診 



新規部署内の合意形成
プロジェクト
目的:新しい仕組みを導入するが、部署ごとの利害関係が衝突するため、調整役を担ってほしい。
効果:各部署の役目と方向性を明確にし、プロジェクトを進めるための動きを言語化した。6回ほどの会議を開催し、その中で部署の利害関係を調整し、公平に業務を振り分けられるように、アシストした。





管理職養成
プログラム監修
 目的:外部講師と連携し、講師が作る教材の監修(在宅医療の現場を踏まえた内容になっているかどうか)を行ってほしい
効果:1年間の講義開催時に参加することで、管理者が求められるスキルを自ら学び促すような仕組みを提案し、在宅医療の現場に即した研修を提供できた。このプログラムを終了後、続編となる講義も率先して受講した。





事務長業務
ハンズオン支援
目的:事務長不在のため、事務長業務のフォローを担ってほしい。
効果:事務長業務をはじめ、院内で取り組む仕組みを精査し、改善するためのアプローチを院内スタッフを巻き込みながら実施。





在宅診療部の
課題解決支援
目的:組織がまとまらない。まずは毎回の会議に参加してほしい。
効果:課題を明確にした上で、他のクリニックで行われている取り組みを参考にアドバイスを行っている。当事者たちで取り組めない時に、参考資料を基にアドバイスし、その結果主体的に考え行動するスタッフへのアシストにつながっている。





広報誌作成
プロジェクト
目的:営業用の広報誌をリニューアルしたい
効果:広報誌の作成ツールから選定し、スタッフが自ら作成できるためのレクチャーを実施。自ら広報誌を作成するためのコンテンツ選びから、原稿依頼、デザイン作成までの一連の作業ができるようになった。





広報マーケティング支援
目的:HPのセカンドオピニオンを依頼
効果:HPのコンテンツの精査とともに、医療機関の患者数、紹介件数などの情報を精査したうえで、ターゲットを明確化し、SEO対策を紐づけ、HPのアクセス数を増やす効果が得られた。




広報マーケティング支援・医療広告ガイドラインセミナー 目的:医療広報について知りたい。
効果:医療広告ガイドラインについて学び、院内のHPやチラシなどで法的な問題がないかどうかをチェックする方法をレクチャーした。現場のスタッフでもできるような手法を伝えた。

支病


地区
医療広報
デザインセミナー
目的:病院の改築に伴い、広報力を高めたい。
効果:広報担当者のデザイン力を高めるために、行動経済学に則った医療デザインのレクチャーと、実際に作成してもらい添削を行った。スタッフが自ら行えるような方法を提案した。

RESULTS

その他の実績

 

コンサルティング以外の、MI-ZAの実績をご紹介いたします。セミナーや在宅医療関連の記事執筆なども行っております。


支診
四国
地区
在宅療養支援診療所主催セミナー
「事務方から見る在宅医療」
在宅医療の仕組みについて、マニュアル作りやそのためのアドバイスをセミナーで講演。
企業

関東
地区

MI-ZA起業に関する記事 人材紹介会社からの取材で記事を掲載。
寄稿

関東
地区

在宅医療の関連記事 月刊保険診療にて記事掲載。
学会

関東
地区

事務長の役割とは 在宅医療関連の学会にて事務長の役割について登壇
企業 関東
地区
Freee主催企業イベント STORYAWARD(最優秀者は映画作成)の最終選考4名に選抜され、SocialGood賞を受賞。
寄稿 関東
地区
事務長の飛躍のために 月刊保険診療2019年11月に寄稿。
企業 関東
地区
在宅医療の人材育成のコツセミナー 医療系法人主催のセミナーで登壇。
寄稿 関東
地区
新型コロナ禍における在宅医療の事務長たちの成長の場として 月刊保険診療2021年11月に寄稿。

VISUALIZATION RESULTS

視覚化コンサル・アートの実績一部

視覚化コンサルティングを経て作成したコンテンツは、公表しておりませんが、グラレコの手法を用いるため、下記実績をご参照いただければと思います。また、MI-ZAはビジョンアートとイラスト作成も行っております。ロゴ作成、企画書挿絵など、医療的な知識を背景をもとに、デザインを行います。

○沖縄ELC様
グラレコ

地元の沖縄市の地域福祉に係る方々の集まりで、ネットワーク構築に向けた対話の機会にグラレコに収めました。

【イベント】「第1回 支え合いの輪を広げる大会」沖縄地域福祉イベント(2021/11/6)

○一社)日本在宅医療事務連絡会
サムネイル

当法人のセミナーのサムネイルを担当。セミナーのイメージが広がるようなサムネイル作成を心掛けています。

一般社団法人日本在宅医療事務連絡会 公式サイト
 
 

○一社)日本在宅医療事務連絡会
ロゴ

日本在宅医療事務連絡会のロゴを作成。在宅医療のイメージにおける温かみを添えた形で色とデザインを盛り込みました。

一般社団法人日本在宅医療事務連絡会 公式サイト
 
 

○医療デザイン大学様
グラレコ

医療・介護に係る方々のセミナーでグラレコを描きました。

Youtube第1回医療デザイン大学LIVE
 
 

○医療系サービスを提供する企業様
イラスト挿絵

医療と介護に詳しくない方向けにサービスを提案したいとのことで、わかりやすい挿絵を描きました。
 
 

○一社)エンドオブライフケア協会様
グラレコ

創立記念のイベントで登壇者が10名を超える方々のお話と、4時間以上のイベントを1枚に収めるために工夫しました。

【イベント】6周年シンポジウム『課題解決先進国として、未来の夢をデザインする~人口減少時代に、あなたは何ができますか?~ 』 開催レポート
 
 

○医療法人社団ゆみの様
ビジョンアート

新型コロナ禍を超えた未来の医療に思いをはせて、未来のYUMINOはどうなっていてほしいかをアンケートにまとめたものをイラストにまとめました。
 
 

○茨城西南医療センター病院様
グラレコ

病院と連携先病院メンバーが集まり、計80名の方が参加されたイベント。振り返りにわかりやすいとの好評でした。

サルコペニアのはなしをグラレコでまとめました
 
 

○ともさぽ様
ロゴ

医療系のサービスを提供するともさぽ様のポリシーを握手とともに示しました。